アロマセラピストの1日の働き方やその月収について調べまとめました!

アロマセラピストの1日の働き方!その月収は?

アロマセラピストの一日

時間 すること
12:30 出勤 着替え。サロン内の掃除をし、ベッドメイクなどの部屋のセッティングをします。カウンセリング時に出すハーブティーの準備も行います。
13:00 開始 主婦の方や、美容を意識した高齢の方などが多く来店します。新人スタッフが施術に入る場合はベテランがフォローします。一人目90分の全身の施術+部屋の再セッティング30分。二人目60分の全身の施術+部屋の再セッティング30分。
16:30 休憩
フリータイム
1時間の休憩とフリータイム1時間。フリータイムはベテランスタッフの施術を見たり、自分のスキルアップのための時間として使います。
18:30 再開 仕事帰りのOLやサラリーマンが来店します。全身のボディケアやリフレクソロジーなどが中心のコースが多くなります。三人目90分の全身の施術+部屋の再セッティング30分。四人目90分の全身の施術+部屋の再セッティング30分。
22:30 閉店準備 簡単な清掃をして、本日の業務が終了します。
23:00 帰宅 帰宅後は夕食をとり、半身浴をしたリテレビを観たりしてのんびりと過ごします。

アロマセラピストとして勤務する場合の収入例

アロマセラピストの平均月収はおよそ15〜16万円程度で、一般的な事務職の平均給与からみても少し低めになります。しかし癒しや美容系のサロンを求める人も多く、アロマセラピストだけでなくマッサージやエステティシャンの資格や経験、アロマセラピーインストラクターなど関連資格を持っていると収入も上がってくるようです。指名のお客様がつくと給料にプラスされるところも多く、たくさんのお客様がつけば収入も増えてきます。

仕事帰りの人を対象にしているお店が多いため営業時間が夜遅くまでとなり、勤務体制がシフト制で土日は出勤というところが多いのが実情です。不規則な勤務体制で体力のいる仕事なので、20代から30代の若い人が多い職場となります。店長や管理職などになれば、年齢も40代以上が多くなり収入も高収入になることが多いようです。

アロマセラピストのやりがいや苦労

アロマセラピストは、香りの効果・効能でお客様に元気を取り戻してもらう仕事です。アロマ専門ショップではお客様の話をじっくり聞いてカウンセリングをし、その方に合う香りを選んだり、複数のオイルを調合して提供します。お客様がその香りを日々の生活に取り入れ、気持ち良く健康的に過ごせるようアドバイスをします。このようにアロマを使って気持ちの良い生活の手助けができることにやりがいを感じることができる仕事です。アロマを使ったリラクゼーションの施術では、アロママッサージをしながら疲れを取り除き健康へと導きます。

アロマセラピストは民間資格でマッサージやエステなどにプラスされる二次的なものとして扱われることも多いため、アロマセラピストのみの社会的地位がまだ低いのが現状です。そのため給料も低くなってしまいます。また、立ちっぱなしで体力が必要な点、土日に休めなく夜遅い勤務も多い点などから長続きしにくい職業ではありますが、自分が施術したお客様の来店時の疲れきった表情が帰るときには明るくなっているのを目の当たりにすると、非常に大きなやりがいと喜びを感じることができます。

アロマセラピストの就職に強いおすすめの整体学校BEST3

総合評価第1位
ソフィア整体アカデミー ソフィア整体アカデミー

優良サロンへの就職率が圧倒的に高く、卒業後のアフターケアも充実しているため独立開業している卒業生も多数。

総合評価第2位
ウィルワン・アカデミー ウィルワン・アカデミー

自分が目指したい整体師にあった施術方法や整体の学習をしているなかで興味が出たものなどを学ぶことができる。

総合評価第3位
YMCメディカルトレーナーズスクール YMCメディカルトレーナーズスクール

整体の他に総合的な美容や健康に興味がある人も、幅広い選択肢から自分にあった技術を身につけることができる。

ページのトップへ