マッサージ屋さんの独立開業に必要な資格や資金、オーナー収入について調べまとめました!

マッサージ屋さんの独立開業に必要な資格や資金ってどのぐらい?オーナー収入は?

独立起業に必要な資金

整体師は低リスクで開業できると言われる職業の一つですが、やはり独立するには開業資金が必要となります。店舗用の物件やマンション、アパートを借りる場合保証金や敷金が必要で、内装や施術用のベッドなど開業前の準備にもお金がかかります。最低でも100万円の資金の目途はつけておきましょう。

自宅を使って独立するという場合以外は融資を受けるのが一般的で、日本政策金融公庫の新創業融資や都道府県・市町村などの自治体が行っている創業融資などの融資があります。これらの融資を受ける場合は、審査が必要となります。全体の何割の自己資金を用意できたかが重要なポイントとなり、将来を見据えた事業計画書も用意する必要があります。そして開業後は運転資金として、施術用の消耗品や光熱費、集客のための広告宣伝費も必要となります。さらに開業後すぐに固定客がつくことはまずないため、経営が軌道に乗るまでの運転資金も必要になることを忘れないようにしましょう。

整体院開業に資格は必要か?

整体師は国家資格ではないため、整体師が開業する整体院やリラクゼーションサロンなどは専門の法律がない自由業となります。税務署に開業届けを提出するだけでその日のうちに開業できるのです。とくに資格もいらないので、整体師と名乗れば整体院を開業できることにもなります。

このように簡単に開業できる反面、その信頼度は、柔道整復師やマッサージ師などの国家資格がないとできない整骨院や接骨院と比べるとかなり低いものとなってしまいます。

しかし整体師には国家資格ではありませんが民間資格があります。整体学校で民間資格を取得したり、技術を習得して卒業時に認定証などを取得することができます。この資格があると整体院を開業した時に自己流などではなく技術を学んだ証明になりますし、お客様からはどんなところで学んだ整体師なのかを知る安心材料の一つにもなります。

独立開業したオーナー収入はどれくらい?

整体院のオーナーとして独立開業するとどのくらいの収入になるのでしょうか。

比較的低リスクで開業できると言われる整体師。その年収は1,000万円を超える場合も珍しくありません。しかし、ほとんど収入を得ることなくお店を閉めてしまう人がいることも事実です。ですから収入の相場はなんとも言えないところなのです。

ただ1,000万円以上という年収は、しっかりとした技術と経験、そして経営スキルについても専門的に学び、現場経験を積めば夢物語ではありません。例えば1回の施術を6,000円で1日平均5名を施術し、月25日営業したとすると月の売り上げ75万円、年間売り上げは900万円となります。ここから必要経費などが引かれることになりますが、勤務整体師とは比べるまでもないと思います。これ以上に様々な工夫をすることで夢の高収入を得ている人がいるのも現実です。

独立開業をサポートしてくれるおすすめの整体学校BEST3

総合評価第1位
ソフィア整体アカデミー ソフィア整体アカデミー

優良サロンへの就職率が圧倒的に高く、卒業後のアフターケアも充実しているため独立開業している卒業生も多数。

総合評価第2位
ウィルワン・アカデミー ウィルワン・アカデミー

自分が目指したい整体師にあった施術方法や整体の学習をしているなかで興味が出たものなどを学ぶことができる。

総合評価第3位
YMCメディカルトレーナーズスクール YMCメディカルトレーナーズスクール

整体の他に総合的な美容や健康に興味がある人も、幅広い選択肢から自分にあった技術を身につけることができる。

ページのトップへ