整体師の1日の働き方やその月収について調べまとめました!

整体師の1日の働き方!その月収は?

整体師の一日

時間 すること
7:00 起床 体力を使う仕事なので、朝食はしっかり取ります。体力維持のため30分ほどジョギングします。
9:00 出勤 着替えなどの身支度を行います。
9:20 清掃 お客様に気持ち良く施術を受けてもらうよう清潔にします。また道具なども定位置にセットし開院に備えます。
9:40 カルテチェック
ミーティング
予約のお客様の確認と施術内容のチェック、スタッフ全員でのミーティングを行います。
10:00 午前の開院 予約のお客様来院。新規のお客様はとくに入念にカウセリングをし、注意事項を納得してもらうまで説明します。常連さんは不調の改善具合をチェックし、経過を見ながら施術します。
13:00 休憩 休憩時間は整体院によって異なります。交代で休憩を取るところや3時間ほど休憩を取るところもあります。
15:00 午後の部開院 夕方以降になると部活帰りの学生や仕事帰りの会社員などのお客様が増えてきます。学生の場合スポーツなどの部活動による不調のため、仕事帰りの会社員はおもに疲労回復のために来院する方が多くいます。
20:00 受付終了 施術時間などを考え1時間前に受付を終了します。
21:00 勤務終了 片付けや簡単な清掃をし、翌日のお客様のカルテなどを確認、ミーティングをして1日の仕事が終了です。
21:30 帰宅 帰宅後は夕食をとり、半身浴をしたリテレビを観たりしてのんびりと過ごします。

整体師として勤務する場合の収入例

整体師は、働き方や経験年数などによってかなり収入に大きな差の出る職業です。整体院やサロンに勤務する場合、卒業して間もない人や経験が浅い人は研修生の扱いとなり月収15万円前後となるようです。研修期間は時給制を採用しているところも多く、相場は700円〜1,000円程度です。研修が終わりある程度の経験を積むと月収20万円程度になり、直接お客様を持つようになると月収30万円を超えるケースもありますが、お店によってかなり差はあります。

また完全歩合制や業務委託制度を採用している整体院やサロンもあります。この場合受付業務や準備などは一切収入に反映されません。施術時間のみが収入に換算されることになり、お店に来るお客様の数によって収入に大きな差が出ることになります。お客様が少ないと拘束時間が多くても収入は低くなりますが、客の途切れない忙しいお店であれば月収50〜60万円ほど稼ぐこともできます。

整体師のやりがいや苦労

整体師は、不調を訴えているお客様を相手にする仕事です。不調の原因を問診やコミュニケーションを通じた会話などから読み取って、試行錯誤しながらお客様一人一人に合ったオーダーメイドの施術をしていくのです。そしてお客様の体が改善し笑顔や感謝の言葉をもらえたとき、そこで得られるやりがいはとても大きいものとなります。

こうしたやりがいのある整体師の仕事ですが、苦労も多い仕事です。整体師は基本的に立ちっぱなしで、1日何人ものお客様の施術をする仕事です。技術や知識だけでなく、体力も必要となります。また施術後にクレームを受けることもあります。人の体に直接触れる仕事なので、事前の細かい説明を怠ってはいけません。とくに男性整体師の場合、セクハラ行為としてのクレームもあり誤解が生じないよう注意する必要があります。クレームの対処は大変ですがしっかりとした対応を取らないといけません。

その他にも怪我を負わせてしまうなど思いがけずに起きてしまう可能性もあります。対処できない場合は迅速に病院に連れていくなど、誠実な対応が求められます。

このようにお客様と直接対面する仕事のためメンタル面でストレスがたまることもあると思いますが、まずは自分自身が健康でなければやりがいを感じられる仕事はできません。適度にストレスを解消し体力が落ちないよう自己管理をして、お客様に満足される施術をできるような態勢をとることが大切です。

整体師の就職に強いおすすめの整体学校BEST3

総合評価第1位
ソフィア整体アカデミー ソフィア整体アカデミー

優良サロンへの就職率が圧倒的に高く、卒業後のアフターケアも充実しているため独立開業している卒業生も多数。

総合評価第2位
ウィルワン・アカデミー ウィルワン・アカデミー

自分が目指したい整体師にあった施術方法や整体の学習をしているなかで興味が出たものなどを学ぶことができる。

総合評価第3位
YMCメディカルトレーナーズスクール YMCメディカルトレーナーズスクール

整体の他に総合的な美容や健康に興味がある人も、幅広い選択肢から自分にあった技術を身につけることができる。

ページのトップへ