独立開業する為の技術について調べまとめました!

独立開業する為の技術習得!

独立開業をサポートしてくれる学校を見分けるポイント

整体師を目指す人の中には手に職をつけて独立開業することを考えている人も多いと思います。卒業後すぐに独立開業できることを念頭に経営的なカリキュラムを組んでいる学校もありますが、このような学校に通っている人の多くは一度独立している人やある程度経験を積んでいる人です。

初心者で習い始めていずれは独立をと考えている人は、学校で技術を身につけその後、数年程度は現場での経験をしてから独立することが多いようです。その際、重要となるのが整体学校に独立開業のサポートがあるかということです。開業することを前提に技術も経営も経験できる就職先を紹介してくれたり、卒業後も開業に向けたアフターフォローがしっかりしているところもあります。こうした学校は必然的に独立開業している卒業生も多くなります。

実際にそのサポート体制で独立できるのかどうかを見極めるには、卒業生がどれくらい独立開業をしているのかをチェックすることも一つのポイントとなります。

整体院を開業するための経験の積み方

整体師は国家資格ではないので、看板さえ掲げれば誰でも開業できてしまいます。しかし整体師として開業した場合、その後お店を続けていくことができるかが重要となります。そのためには、学校卒業後に何年か現場で経験を積むことが必要となります。学校の授業では学べない、現場でしかわからないことをたくさん経験し学ぶことが将来の自分の独立開業を成功させることにつながるのです。

そこで重要になるのがどこで現場の経験を積むかです。おすすめは、自分が学んだ整体学校の卒業生で独立開業し、経営をしっかり軌道に乗せている整体院やサロンなどを学校から紹介してもらい就職することです。このようなお店は、スタッフを募集するのに母校にお願いすることも多くあります。助手やスタッフを雇える整体院やサロンを経営している現場は、自分の独立開業に向けた経験をたくさん積むことができます。あるいは、実際に自分でリサーチしてお店を見つけるという方法もあります。

いずれにしても、将来自分がどういうお店を持ちたいのか、という方向性を考えながら、それに近いところを選ぶと良いでしょう。そこで習得し実際の経営に役立つ経験はたくさんあります。そしてこの経験が独立して開業した時にどれだけ生かせるのかを意識しながら働きましょう。

開業する前に知っておきたいリスク

整体師は技術を売る仕事なので開業資金があまりかかりません。ベッドとそのベッドを置くスペースがあれば開業できるので、比較的低いリスクで開業できる職業です。開業スタイルは様々で、店舗を借りて開業する人もいますが、自宅を使ったりお店を持たずに出張専門というスタイルもあり、年齢を問わず女性でも開業している人は多くいます。ただ、開業しやすいと言っても、やはりリスクがあることも忘れてはいけません。

整体師は国家資格ではないので、民間療法=医業類似行為となります。「人の健康に害を及ぼす恐れがなければ禁止とはならない」医業類似行為は、極端に言えばどんな人でも整体師を名乗って開業することができるのです。激安をうたうサロンやマッサージ店も乱立し、様々な工夫で他店と差別化をはかっているお店も多くあります。このような状況の中で生き残れるお店として開業していかなくてはなりません。そのために重要なのはやはり整体師としての技術になると思います。値段を安くせず、質を落とさずに繁盛しているお店は実力が違います。技術の質だけは、経営で変えられるものではありません。そしてその上で、整体学校で習ったカウンセリングなどの接客技術や経営スキル、現場での修行経験を生かして経営していく必要があります。

また人の体を施術するため、怪我をさせてしまったなど不測の事態を考えておくのも経営として大切な事です。クレームなども多くある世の中なので、個人で保険に加入するなど自分の身は自分で守る事を考えるのも独立開業する大事なポイントです。

独立開業したいならおすすめの整体学校BEST3

総合評価第1位
ソフィア整体アカデミー ソフィア整体アカデミー

優良サロンへの就職率が圧倒的に高く、卒業後のアフターケアも充実しているため独立開業している卒業生も多数。

総合評価第2位
ウィルワン・アカデミー ウィルワン・アカデミー

自分が目指したい整体師にあった施術方法や整体の学習をしているなかで興味が出たものなどを学ぶことができる。

総合評価第3位
YMCメディカルトレーナーズスクール YMCメディカルトレーナーズスクール

整体の他に総合的な美容や健康に興味がある人も、幅広い選択肢から自分にあった技術を身につけることができる。

ページのトップへ